【パパ活女子調査人数7人目】現役でパパとの関係を作っている女性に取材をしてパパ活女子の実態を調査しました。そこから見えた上手にパパを作る方法やパパ活でのトラブルに合わない方法などをご紹介しています。

パパ活女子が利用している人気のパパ活サイト

愛人

理想の愛人を作るために知っておくべきこと

更新日:

「愛人」というとどのようなイメージを持っているでしょうか。
中には、セフレとイコールとして考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、愛人とセフレは全く違うのです。
ではその違いはどこにあるのでしょうか?
さらには愛人の相場や特徴といった点も合わせて見ていきましょう。

愛人とセフレの違い

まずは愛人の定義としては「既婚者と交際をしている人」ということになります。
そして、たいていの場合は特定の相手とのみ交際をするというスタンスになります。
感情を抱いているケースも少なくありません。

愛人としてパートナーシップを結んでいる相手に対して「心を持って接している」ということが大半でしょう。
そして「援助」が存在しています。
金銭的な部分から生活面のフォローにおいてまで様々な方法がありますが、中には生きていくうえでの全てを援助するということもあるのです。

一方セフレですが、必ずしも特定のパートナーとの関係性ではありません。
主となるものが性的な関係で、それ以上の関係性はありません。
感情といった部分においても特に無いということが多いでしょう。
性的な感情が満たされるということが目的ですから、既婚・独身などといった環境は問いません。

愛人契約の相場

愛人となるには「契約」をすることになるでしょう。
月契約でという場合と、1回ずつ支払うという場合もあるようです。
それら含めての具体的な相場を見てみましょう。

まずは一般的な相場です。
会社員などが愛人契約をする場合には「月額3~5万円」前後となるようです。
一方、経営者や重役などとなると「月額20~30万円」といった給与レベルの契約料が発生することもあります。

1回ずつの支払いの場合には「3万円~10万円」というのが平均的なようです。

これはあくまで「契約の相場」です。
これ以外にも、お手当てが発生するということもあります。
たとえば、特別な要求に応じてくれた際などがこれにあたります。

支払いパターン 金額
会社員 月額3~5万円
経営者・重役 月額20~30万円
一回ずつの支払い 3~10万円

愛人になりやすい女性のタイプ

まずは「自分自身も相手へも大人である」ということです。
割りきりが上手く、ドライに対応できるというのは愛人としてベストともいうべきタイプといえるでしょう。
同時に相手に求める場合においても、大人で余裕がある人が好きという容姿よりもどちらかというと「内面」に理想をもっているタイプの人が愛人タイプとも考えられます。

また、こらえることが多い・流される事が多いというタイプもこれに当てはまります。
自分の気持ちはあるけれど、相手を傷つけたり不愉快にさせてしまったらと考えて、結局は相手に合わせてしまうというタイプです。

これとは逆に良い意味での自由度をもっている人もまた愛人タイプです。
好き勝手に振舞うというのではなく、「ボーダレス」というとわかりやすいでしょう。
絶対を作らないタイプというのは、細かなことにとらわれずに関係をもつということが多いのがその理由です。

孤独感が強く一人が苦手というタイプの女性も該当します。
愛人であっても、男性と共有できる時間があるのであれば・その瞬間優しくしてくれるのであればと考えてしまうのです。
ですから、優しくされる人についという流れになってしまいがちのようです。
こういたったタイプの女性は、同時に尽くしてしまいやすいタイプでもあります。
尽くすということは、相手の許容に合わせるという解釈もできますから、愛人向けということになるのです。

愛人について知る

今回は愛人についていろいろと考えていきました。
支援・援助ということが求められますから、簡単にとはいかないかもしれませんが、それでも一緒にすごすことで・存在があることで心のゆとりや癒しとなることもあるでしょう。

関連記事

-愛人

Copyright© パパ活女子が利用している人気のパパ活サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.